■ 一人旅行:月夜見宮・月読宮・佐瑠女神社・天保山 雑記

2007 8/18 執筆

  あひると旅に行ってまいりました・・・行きたいって言うんだもん

ちょっとマイナーな神社巡りと、日本一低い山天保山です。
検索エンジンから来た方への資料になると思って、旅行雑記しておきました〜!

■出発!群馬県→東京→名古屋

席の隣に座った方とちょっと仲良くなりました。

あひると記念撮影。
私の手じゃなくて隣の席の方のです。
さすがに、我らが隊長のアヒルが気になったようです。

 

東京駅。[googleMap]

お盆休みということもあって大混雑。
新幹線空席はほとんど埋まってました。

 

のぞみ 700 系。酔うから嫌い。

車内〜。あひるにとっては初めての新幹線。

名古屋着!暑いぞこのやろう!!! [GoogleMap]

背景は、かの有名な「名古屋ビルング」。
ほんと変な名前だ。

日差しが強すぎてアヒルも逆光で真っ黒に〜〜〜

 

 

 

■伊勢に行くぞ!名古屋→伊勢

新幹線から伊勢に向かう特急に乗り換えます。
東海道を抜けて、風光明媚な田舎の風景を走り抜けるこの路線。
とても気持ちいいですよ。

車内。綺麗なのよ〜。アヒルが美人に見える

川。川の名前は忘れた。アヒルも当然わからないそうです。

綺麗な風景にワクワクテカテカのアヒル様。ずっと外を見ておりました。

ああ、夏の日差しがキラキラしているわっ!

後ろ姿が哀愁あるアヒル

伊勢市駅到着〜![GoogleMap]

暑いよねーー!アヒルーー!!!

でね、降り立った瞬間どこに行けばいいのかわからない。
とりあえず荷物もあるのでホテルにチェックイン。
ここでホテルの人に聴いてみたら

宇治山田駅の観光案内所に行くと良いよ

とのこと。
宇治山田駅までは歩いて10分くらい。
行ってみたら、ほんとわかりやすく説明してくれました。
英語もできるし素晴らしい所よ〜

 

 

 

■伊勢:伊勢神宮外宮・月夜見宮(月夜見神社)

観光案内所で観光ルートをGET。
バスのことも教えてくれました。
シーズン中は10分に1本、外宮と内宮を往復するような便が出るらしい。
色々あるので一応現地で確かめた方が吉。
つーか、自分の足で歩くのも良いかと。

タクシーは基本的に拾えないそうです。
電車かバスを駆使しよう!

というわけで、参拝の基本。外宮からいきましょーーー!

 

外宮入り口!

宇治山田駅から歩いた。
歩いた・・・・・歩いた・・・・炎天下の中を15分ほど。
ビニル製のアヒル様も暑さで柔らかくなっておりました・・・・。

最初の鳥居。鳥居から森。気になるね〜〜

手水舎(みてずや) 汗もかいているししっかりとお清めを。

外宮本殿到着!

人が少なかった〜。んまあ外宮なので。
でも、内宮が本物というわけじゃなくて外宮と内宮で一体。
しっかりとお参りしましょう。

こちらは荒魂を祭っている方。

本殿が和魂?に対して、こちらは神様の動きそのもの。
和魂と荒魂に分かれて祭られるのが神道の面白いところ。
すごくアジアっぽいというか、陰陽がしっかりしているというか。
日本文化のとても楽しいところ。
わかりにくいと思うけど成功祈願とか商売繁盛を祈るときは重要だとおもう。

多賀宮というお名前のようです。

亀石?観光名物らしい。

亀のいっぱい居る池にある橋がこれ。
亀の形してる。おもしろ〜〜〜

他にも色々あるので一通りお参りしました。

■腹が減った

いい加減腹が減りました。もう午後3時。
炎天下の中歩き通しでエネルギー切れ起こしてます。

とおもったら!

外宮駐車場前に、うどん屋発見!

伊勢うどん「外苑」というお店。
冷たいぶっかけうどん出しているようなので突入!

これ!うまかったーーー!!!ぶっかけ伊勢うどん 500円

ちょうどお店の空いている時間でお店の人と色々お話ができました。

で、月夜見宮の生き方も教えてもらいました。
美味しいし人柄も優しいナイスなお店です!!!!!

 

さて、月夜見宮(月夜見神社)へ歩く。

詳しくは地図を見てね。細い道が外宮から月夜見宮(月夜見神社)へ向かう道。

お!行き先がはっきり出てる!

これが外宮と月夜見宮(月夜見神社)を繋ぐ道。

真ん中は神様の通る道です。歩いちゃダメ。
細い道で、すっごく昔からある道。もう何百年もこのまま。かっこいいーーー。
道の途中にこの道の説明が出ていて、
夜になると白馬が神様を乗せて外宮まで行くそうです。

月夜見宮(月夜見神社)到着!![GoogleMap]

ここが今回旅行最大の目的地。
以前伊勢参りしたとき、 気にはなっていたけど時と偶然のイタズラで結局入ることができなかった。
これは神の試練。
そしてついに今回、試練を乗り越えて到着です!!!!!

おーーーー!

なかなか綺麗なたたずまい。
こちらが闇を司る神様。
目に見えないモノの神様。

素晴らしい。

目に見えないモノって、大切なことだよね。

今、人は、目先のモノばかり追いかけてる。
でも、一番大事なのは目に見えないモノだったりする。

この神社の閑散とした状態を見てわかるとおり。
目に見えないモノを大事にする人ってホント少ない。(つい最近までの私も同じく)
参拝客は神道好きそうな女性一人しかおりませんでした。

で、この暇そうな落ち着いた月夜見宮(月夜見神社)。
神主さんと色々お話ししてひととき楽しむことができました〜

 

 

 

 

 

■伊勢:伊勢神宮内宮・月読宮(月読神社)

今度は内宮方面です。
そして月読宮(月読神社)にも行きます。

外宮方面は月夜見宮(月夜見神社)

内宮方面は月宮(月読神社)

なぜか呼び方に違いがある。理由はわからないけど地元の方に道を訪ねると

  「読む方と見る方、どちらに行くんですか? 」

って言われる。そう。読むのと見る、の違い。
なんか仏教っぽい命題だよね。

 

移動のバス。けっこう空いてる。アヒルもゆったり。

内宮到着!大鳥居。

外宮は左側通行。
内宮は右側通行なんだって。

お!五十鈴川!!!

ここだ!いくぜ!

聖なる川。五十鈴川で沐浴。

世にも珍しい沐浴したあひるの誕生です!!!
アヒル様はコレが目的だったんだよね〜〜〜

今日の五十鈴川はとても綺麗で魚も泳いでいた。びっくり〜

参拝道

でも、大混雑だったのでお参りして写真はパス。

荒魂

他にも風の宮とか色々お参りしたけど写真はパス。だって月読宮(月読神社)に行く時間がない!!

とそのまえに・・・

途中にある神社

猿田彦神社 [GoogleMap]

日本に降り立った神々を伊勢に導いた神様。

手水舎。なかなか綺麗

さて!? この萌えポスターは!?

そしてこの提灯は!?

佐瑠女のお祭りがあるらしい。だから提灯だらけ。
あのポスターを見てピンと来た方は素晴らしい。猿田彦の奥さんで芸能の神様なのです。
天の岩戸の時、裸踊りして天照大神を導き出した張本人。
詳しくは古事記を〜

それにしても、なにゆえ萌えポスターなのか・・・。
巫女さんかわいいいいい〜〜〜〜

神社です。旦那さんに比べて小さいのよ・・・・。[GoogleMap]

 

さて、猿田彦でお参りしていたら時間が!

もう夕暮れ!月読宮(月読神社)へ急ぐ!!!

17時には閉まっちゃうかも!??

月読宮(月読神社)に到着!!!もう日が落ちてきてる![GoogleMap]

参道。長い。影も長い!!![GoogleMap]

と、到着ーーー。19時まで開いているんだって。[GoogleMap]

月読宮(月読神社)
ここも外宮の時と同じく見えないモノの神であり、闇を司る神様 。
めんどうなので詳しくは自分でお調べくださいませ。

非常に凛とした涼しい気持ちのいい神社でした。

参拝客は家族一組のみ。

写真撮ってもらいました〜。ありがとう!

この後、倭姫の神社にも行きました。
徒歩で。

・・・・・・徒歩はやめておいた方が良い。マジ遠い。疲れる。

大反省です。

夕方なのでバスもあまり走らない時間。けっこう大変よ。

 

■宿泊

タウンホテル いせ [GoogleMap]

という所に宿泊しました。安い割には清潔で機能も十分!
フロントの人も優しいし素晴らしいところです 。
お伊勢参りの時は是非!

ユニットバス。とても清潔

トイレットペーパーがやけにかわいい!

部屋

テレビ〜。大きさはアヒル様のとおり。

アヒル様冷却中

 

■移動:伊勢→大阪

3時間くらいかけて大阪に移動です。
目指すは日本一低い山天保山!

駅で待ち

来た!オレンジ色の電車

なかなか綺麗〜。あひるも満足

テーブルが出るーー!アヒル置きに最適サイズ!

のどかな風景じゃ。良い国じゃ。

旅行って感じじゃの。

 

■天保山

国土地理院の地図に載っている

日本一低い山

日本一の山なんてなかなか登れないっすよ!!!!!!
この登山は、今回の第二目的地。

大阪港駅で降りる!
まず最初に目にはいるのは

でけーーー!!! 観覧車。高さ100mを越える。

が!しかし!

今回は登山。だが観覧車より遙かに小さい 標高 4.7m の山だ。

山なのに山頂が見えない・・・・。っていうか橋とか木の方が高い。

さっぱり山頂がわからないので携帯のGPSを頼りに歩いていたら
この広場でふと発見。

西登山口、という看板!

ここが登山口か!!!!!!!!!!!

この看板無かったらまじでわからん!!!!!!!!!!(笑

 

なにやら浮世絵。昔は標高20mでこんな感じだったそうな。

山頂までは鬱蒼と木が生い茂る。っていうか、公園。

ここが山頂!!!!到着!ショボい!(笑  [GoogleMap]

東京から来た登山客が居ました。写真撮ってもらいました〜

こちらも写真をとりました。夫婦と娘さんでわざわざ登山に来たとのこと。

っていうか、登山客と言っていいのかわからない標高なので・・・

山頂からの眺め。普通に公園

頂上の説明。二等三角点だって〜

頂上からの絶景。目の前が海・・・。これでも山か!?

頂上からの眺め。山より遙かに高い人工建築物・・・・・

頂上のすぐ隣には巨大な記念碑

そして、頂上を見下ろす展望台!!!

展望台のほうが高いなんて・・・・全く頑張らない山、天保山。
このぬるさが好きだ。

山なのに船が出る。

さて、山小屋へ行くために商業施設へ。

blogで見た話では、この水族館とかのあたりに「山小屋」があるらしい。
が!
が!
無い!!!!!!!
案内の人に聴いても「わからないです〜(大阪弁)」とのこと。

灼熱の中、山頂に戻って確認。

書いてある。かなり離れた場所にあるようだ。

けっこう歩いて発見!山小屋!!!!!!!

普通の路地裏にある、普通のお店だ!

おっちゃんがおりました。天保山山岳会の人らしい。

ここで登山証明書(10円)を発行してもらう。
なかなか立派なしっかりとした証明書。
どんなモノかは、いった人のお楽しみ 〜

おっちゃんの話では、大阪アルプスというものがあるそうで、全部上ると縦走証明書がもらえるらしい。
もちろん、全部低い山だけどね〜

 

 

 

■大阪→京都

時間が多少あったので京都にも行って来ました。

なんと、京都でトラブル発生・・・・

 

大阪に住んでいる妹の家で食事。久しぶりにまともな栄養がとれた

京都タワー。京都到着。

さて、ここから清明神社へ。
陰陽師で有名な清明神社です。

道がよくわからないので最寄り駅から携帯のGPSで歩いて移動。
到着。

鳥居の前に立ち、「さて、写真を撮るぞ!」と思って携帯のデジカメを起動したら

警告音「ピピピピ!」

え!?

表示「エクステンションモードに移行します」

 

電池切れ!

 

鳥居の前で・・・・ま・さ・か!?

 

もしや、陰陽師の式神に電気吸い取られた!?

 

というわけで、せっかくの京都なのに写真とれませんでした・・。
御朱印だけもらって退散。
やはり不思議なことはあるもんです。
んまあ、電池使いすぎていたのかもしれないけど。

近くの100円ショップで充電器買って
京都御所で充電しながら帰途についた。

 

 

■帰路:京都→浅草→群馬

新幹線と特急で帰路へ。
特に何もなく〜

 

京都駅のデパ地下で手巻き寿司を購入。

カロフォルニアロールです。今まで食べたこと無かった。
実物を写真撮影しなかったのが悔やまれる・・。
なかなかまったりした濃い味で美味しかったー!

東京の浅草。夜の仲見世通り。風情がある [GoogleMap]

ここから群馬へ帰りました。

 

 

 

とゆーわけで以上です。

これを見た方の、何かの参考になれれば幸いです!

 

 

ではー

 

 

[戻る]