PIC12F675 LED点滅

秋月電子で PIC12F675 を買ってきました。
8pinDIPの小型マイコン。
なのに、内蔵クロックだから電源繋ぐだけで動くし、10bitA/Dコンバータ搭載!

新しいチップなのでとりあえずLED点滅やってみました。
どうせこのHPはネットの辺境。
誰も見てないと思うのでメモ程度にしておこうっと。

■目次


■回路図

■使用部品

■プログラム

内蔵発振4MHz
GPIO,3は入力専用ポートらしいので入力にしてます。

12f675led.asm (1.4KB)

 

■結果

約1秒間隔(0.5Hz)でLEDが点滅してます。
おもったよりさっくりと動いた。

ネット上に12f675の文章が少ないのがキツいです。
A/D変換とか、ちゃんとできるかなあ?

■あとがき

色々なHPのコード見てると ANSEL という聞き慣れないレジスタが出てくる。

	MOVWF	TRISIO
;CLRF ANSEL ;DIGITAL I/Oにセット(入力で使う際関係してくるレジスタ)
BCF STATUS,RP0 ;Select Bank 0

英語のデータシートを頑張って読んでみると、どうやら入力ピンとして使うとき、

CLRF	ANSEL

のように宣言した方がいいらしい。
電源ON初期状態だと全てのpinはアナログ入力モードらしいので。
デジタル入力として使うときは ANSEL レジスタで明示する必要がある、ってことね。

アナログ入力対応pinは4つだけなので、ANSEL で明示するのは4つのみ。
あとで混乱しそうなのでメモメモ。
あと、ANSEL レジスタは Bank1 にあるのでこれも注意。


初めて刺したとき、プラスとマイナス間違えてました。
普通の 18pinPIC は右側がプラス端子だけど、8pin は違うのね・・。
短絡して アッチッチ!になりました(笑)
でも、逆向き配線でもまず死なないのがPICのすごいところ。

戻る