送風ファンの取り外し

縦長の棒。これ送風ファンでした

他の窓用クーラーもこんなファン使っているのではないでしょうか?

発泡スチロールを外したあと。

黒い空洞の棒が2本。
これ、送風ファンです。

・部屋側の空気を取り込んで送風するファン
・窓側の空気を取り込んで送風するファン

の2個。
これがプラスチックの板で固定されていたみたいです。

クーラーの基本構造わかっている方なら「納得」とわかるかもです。
知らない人にはわかりにくいかも・・。

 

【てきとーな解説】

矢印のように風が流れます。

放熱フィンで冷やされてファンに風が吸い込まれ
外に出ていく、って感じ。

これが
 ・ 窓側(放熱)
 ・ 部屋側(吸熱)
の両方に付いています。

 

窓側・部屋側、両方にこんな放熱フィンがついてます。
茶色いパイプは、中に冷却剤が通るパイプ。

車のラジエーターと同じ構造だなあ。

 

パイプはそこそこ丈夫。

でも、フィンの薄い板はとても弱いかった・・。
すぐ曲がるのでぶつからないように注意しましょう。

 

黒い棒・・送風ファンを外します。

引っ張っても押しても外れないのでよくよく見たら・・・

下の方にネジがありました。

これ外します。

 

外れたー!

おめでとーー!

 

窓側の送風ファンは外しませんでした。
部屋の空気に関係するところだけしか掃除しません(笑)

 

送風ファンを固定していた棒です。

 

この棒がくるくる回ってファンが回る=風を発生させる

って事です。

この棒、よく見るとDカットされてます。

平らになっている面にネジが当たるようにしないと、
棒がうまく固定されないっぽい。

組み直すときは注意。

 

戻る  次へ「水洗い」