技術を正しく使いすぎているようです

3Dプリンタ solidoodle 〜開封の儀〜

激安3Dプリンターの solidoodle2 を買ってしまいました!

  • 価格6万円程度
  • 購入自体は以外と楽。海外の普通の通販サイトって感じ
  • 届くまで2週間くらい
  • メール対応は丁寧
  • 一緒にNatural white のフィラメントも買おう。
    最初に付いている緑色フィラメントは非常に溶けにくくてノズル詰まる

最初「商品店頭引き取り」を選んじゃって商品届かなくて悩んでた(笑
慣れない英語メールでやり取りして送ってもらったよ。

そしてここから開封の記録。

箱。けっこうでかい。そんなに重く無い。
大きさはマッチ箱を参考に。

梱包材がしっかり入っている。かなり優秀

梱包材開けた所。
造形ベッドが見えないくらいプチプチで詰まっている

同梱物。説明書とかケーブルとか。
サンプルの緑色のフィラメントもあった。
でもこれ、通常設定だと溶けなくて射出できなかったよ。

下の丸いのは一緒に買った naturalWhite のフィラメント。
4500円くらいだったかな?
結構高いけど純正材料という事で最初は必要と思って奮発。
いずれサードパーティ品を買う。

稼働軸の軸受けなんだけど、これも3Dプリンタで大雑把に作られてる。
凸凹すごいし造形うまくいってない部分も多々ある(笑

黒い巻き寿司みたいなのが射出ノズル。
黒いゴムチューブは外しちゃだめ。
写真では見えないけどあらかじめ白いフィラメントが入ってる。
これは試験用のものなので最初使うとき取り除く必要がある。
solidoodleのHP「How to Install Filament」に「使う前に取り除いてね」って書いてある。
わかりやすい英語なので楽々。

電源はデカい。
solidoodle2 の 松竹梅の竹ランクの物を選んだので電源が強力になってる。

金色のベッド。
カプトンテープが貼ってあるけどこれは剥がしてはいけない。
そのまま使うもの。
私は剥がしてしまってあとでシワシワのまま貼り直した(笑

 

開封の儀 編は以上!

 

 

 

.

Posted in 3Dプリンター


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。