技術を正しく使いすぎているようです

100円の霧吹きスプレーで塗装する

筆で塗ると刷毛目がついて仕上がり悪いし・・
やっぱりエアブラシが欲しい!けど持ってない!

そこでひらめいたアイデア。

「霧吹きで塗装してみれば良いんじゃない?」

というわけで実験してみました。

●道具

塗料は100円ショップダイソーで売っている水性アクリルペリント。
たくさん色種類が発売されていて便利。量も多くなくたまの工作には最適な量。
入手しやすいので是非ともこれを使いこなせるようになりたい。

スプレー容器は化粧用のスプレーを使用。

実験に適した小容量で、かつ、これは霧の粒子が細かい。
霧吹き塗装に最適と思われるのです。

●原液塗布

原液をスプレーに入れてみた。ドロリとしてる。

クリームパスタのクリームみたいな粘度だった。これはネバネバしすぎてて失敗するだろうなーと思う。

見事失敗。べちゃべちゃって吹き出ただけだった。

大きさ比較は単4乾電池 (AAA size)

ノズルにも液が垂れまくり。

 

●2倍希釈塗布

段ボール板に1回プシュっと吹き付けたもの。

うっすら塗装されてる。
塗装にはムラがある。

面塗りしようとして何回かプシュプシュしたもの。

ムラが出ちゃうなあ・・

●4倍希釈塗布

段ボール板に1回プシュっと吹き付けたもの。

とてもわかりにくいけどうっすら塗装されてる。
水分がやたら多い。希釈しすぎかな?

同じ箇所に5回プシュプシュしたもの。

ちゃんと塗装されてる。
ただし、水分が多いため液ダレする。

さすがに4倍希釈となると粘度が低いのでノズルから液だれしない。

 

●結論

  • 3倍希釈くらいが丁度良さそう。
    今回は実験してないけど。
  • プシュッと押し始めに水滴に固まりが飛び出す。
    練習が必要そう。

塗装の荒さは

こんな感じ。エアブラシに比べるとずっと荒い感じがする。

でも、面塗装とか下地塗装にはこれで十分じゃないかなあ?

今はエアブラシを手に入れたので実験終了です。

やっぱりちゃんとしたエアブラシはすごく綺麗に塗装できる!!!
値段は張るけどスプレー缶を都度買いするよりずっと効率良いわ。
スプレーより一般塗料の方が安いし種類も多いからね!

.

Posted in 塗装, 実験, 美術


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。